MENU

妊娠中や授乳中にはホルモンバランスの乱れにより十分な脱毛効果を得ることが難しくなります!

人気脱毛サロンミュゼプラチナムでは、脱毛の施術を受けるためには一定の条件を満たすことが必要になります。例えば体調不良の人やお酒を飲んでいる人、また妊娠中の人や日焼けをしている人の場合には施術を受けることはできません。

 

それでは生理中の人妊娠中の人、また授乳中の人などの場合には脱毛の施術を受けることはできるのでしょうか。今回は生理・妊娠・授乳などと脱毛の関係について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

ミュゼプラチナムでは生理中の脱毛は断られる場合があります!

ミュゼプラチナムでは生理中だからといってすべての脱毛の施術を断られることはありません。生理中であってもVIOやヒップなどのショーツにかかる部分以外であれば脱毛の施術を受けることができます。

 

ただし生理中は肌の状態が普段よりも敏感刺激に対してデリケートになりますので、いつもと同じ施術を受けた場合でも肌荒れや乾燥肌などを起こしてしまう可能性が高くなります。

 

ミュゼプラチナムでは当日にキャンセルをしてもキャンセル料などのペナルティはありませんので、急に生理になってしまった場合などには予約をキャンセルして別の日に施術を受けることをおすすめしたいと思います。

 

生理中はVIOやヒップの脱毛を行うことはできません

ミュゼプラチナムでは、生理中はVIO(デリケートゾーン)やヒップの脱毛を行うことはできません。まずはVライン脱毛コースはデリケートゾーンの脱毛となりますので、予約の日が生理と重なってしまった場合には予約の変更が必要になります。

 

これはVライン+他の部位の施術を予約した場合にも同様となりますので、残念ですが日にちを改めて再度予約をしてください。また全身美容脱毛コースの場合には、予約日が生理と重なった場合にはVIOの施術だけ別の日に振り替えることが可能です。

 

別途予約が必要になりますので若干手間がかかりますが、脱毛の予定を大きくずらす必要がないので便利だといえるでしょう。VIOやヒップなど以外の箇所の脱毛を予約した場合には、生理中であってもそのまま施術を受けることができます。

 

ミュゼプラチナムでは妊娠中・授乳中の脱毛はできません!

ミュゼプラチナムでは規定により体調不良の人、肌が乾燥している人、当日お薬を飲んでいる人などの脱毛の施術はできないのですが、同様に妊娠中授乳中の人の場合にも脱毛の施術はできないことになっています。

 

脱毛サロンの多くでは妊娠中の脱毛はできないことになっているのですが、これは妊娠中の女性はホルモンバランスが変化して毛周期が乱れることが多いため、脱毛の施術を行っても十分な効果が得られないことが理由となっているようです。

 

光脱毛が胎児に影響を及ぼすことはあるのでしょうか?

ミュゼプラチナムではS.S.C脱毛(Smooth Skin Control脱毛)を採用しています。S.S.C脱毛は光脱毛の一種なのですが、妊娠中の人の場合には光脱毛が胎児に及ぼす影響について不安を感じるかもしれません。

 

ミュゼプラチナムでS.S.C脱毛の施術を行っても胎児に影響を及ぼすことはないようですが、実際に影響があるのかどうかについては「よくわからない」ということになります。

 

そのため、不安を感じる人は施術を受けることは避けるのが賢明かもしれません。急に妊娠が発覚したという場合などには、大事をとって脱毛の予約はキャンセルすることをおすすめしたいと思います。

 

出産後はいつ頃になれば脱毛ができるのでしょうか?

出産後の脱毛については、授乳期間が完了した頃になれば施術を受けることができます。出産後の生理が目安となっているのですが、ミルクで赤ちゃんを育てる場合には出産後3カ月程度、母乳で赤ちゃんを育てる場合には出産後1年程度で生理が再開することが多いようです。

 

授乳期間中の脱毛の施術ができないのは母乳に影響を及ぼすからではなく、授乳期間中については妊娠中と同様にホルモンバランスの乱れが生じることが理由となっているようです。

 

授乳期間が終了してから脱毛の施術を受けることをおすすめします

妊娠中にホルモンバランスが崩れやすくなることは皆さんもご存じだと思いますが、出産後の授乳期間中もホルモンバランスが回復していないため、脱毛の施術を受けると強い痛みを感じたり肌トラブルを起こしたりする可能性が高くなるのです。

 

また授乳期間中にはプロラクチンというホルモンが脳下垂体から分泌されるのですが、このプロラクチンにはいわゆる毛が濃くなる副作用があります。

 

授乳期間後に脱毛を行っても再度毛が生えてしまうことが多くなりますので、授乳期間が終了してホルモンバランスが通常の状態に戻るのを待ってから施術を行った方がより高い脱毛効果を得ることができるのです。

 

妊娠中や授乳中の脱毛に脱毛を行っても十分な効果を得ることはできません!

今回は生理・妊娠・授乳などと脱毛の関係について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、下記の通りとなります。

 

  • ミュゼプラチナムでは生理中はVIOやヒップの脱毛を行うことはできません
  • ミュゼプラチナムでは妊娠中授乳中は脱毛を行うことはできません
  • 妊娠中・授乳中はホルモンバランスの乱れにより十分な脱毛効果を得ることが難しくなります

 

妊娠などにより脱毛の施術を中断すると、今までの施術が無駄になってしまうのではないかと考えている人がいるようですが、実際には施術を一時的に中断しても大きな影響はないようです。

 

妊娠中や授乳中に脱毛を行っても十分な効果を得ることは難しくなりますので、授乳期間が終了してから脱毛を再開することを検討してみてください。