MENU

服用薬や塗り薬などについてはカウンセリングの際に相談をしてください!

脱毛サロンでは薬を服用している人の施術は断られることが多く、ミュゼプラチナムでも公式ページのQ&Aでは「当日、お薬を服用している」人の場合には脱毛の施術を受けることはできないとされています。

 

薬の中には脱毛の施術に重大な影響を及ぼすものがありますので、安易に判断せずにカウンセリングの際などにしっかりと相談することをおすすめします。今回は飲み薬や塗り薬と脱毛の関係について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

服用薬の中には脱毛の施術の際に注意が必要なものがあります!

薬の中の一部には「光線過敏症」という、光脱毛の光に反応して湿疹などができてしまう副作用を引き起こすものがありますので、服用に関してはくれぐれも注意をしてください。

 

病院などに通って服用役を処方されているという人は、脱毛の施術を受ける前に医師や薬剤師などに相談するようにしましょう。また市販の薬を飲んでいるという人の場合には、安易に自己判断をせずに必ず脱毛サロンのカウンセリングの際に相談することを心がけてください。

 

薬を服用している人の場合には脱毛の施術を制限されることになります

ミュゼプラチナムでは当日薬を服用している人の施術はできないことになっているのですが、薬服用に関するルールは脱毛サロンごとにそれぞれとなっているようです。服用から6時間が経過していれば施術ができる脱毛サロンもありますし、服用から24時間〜48時間程度の間を空けることが必要な脱毛サロンもあります。

 

また施術後の薬の服用についても注意が必要です。施術後については当日中の服用も可としている脱毛サロンもありますが、多くの場合には施術当日中の薬の服用は不可となっています。

 

さらに予防接種などを受ける場合にも薬の服用と同様に、脱毛の施術が制限されることになります。通常予防接種から4日以内は脱毛の施術を受けることはできませんし、脱毛の施術後1週間程度の間は予防接種は受けられないことになります。

 

どのような薬が脱毛に影響を及ぼすことになるのでしょうか?

実際に脱毛の施術を受ける前にはカウンセリングが行われますので、この時に服用している薬があれば正直に申告するようにしてください。

 

嘘の申告をしてその後トラブルが発生すると補償が受けられない可能性がありますので、くれぐれも正しく申告することを心がけるようにしましょう。

 

具体的には抗生物質・経口抗真菌薬・抗不安薬・三環系抗うつ薬などは施術に影響を及ぼす可能性がありますので、風邪薬・鼻炎薬・花粉症の薬・血圧や血流を改善する薬・うつ病の薬などを飲んでいる人は注意が必要です。ピルについては低用量のものであればOKとしている脱毛サロンが多くなっています。

 

市販の痛み止め薬などについても注意が必要です

脱毛の痛みについては個人差がありますので、比較的痛みの少ない光脱毛の施術であっても体質などにより痛みを感じる場合があるようです。一部には脱毛の痛みを和らげるために市販の痛み止め薬を服用する人がいるようですが、これについても同様に注意が必要になります。

 

脱毛の施術で痛みを感じるという場合には施術を行うエステティシャンに相談をしてください。光脱毛の出力を抑えたり、冷却ジェルを増量することなどにより、脱毛の際の痛みを軽減することができます。

 

塗り薬の使用についても注意が必要になります!

薬については服用薬だけでなく、塗り薬についても注意が必要になります。特に皮膚疾患で処方されることが多いステロイド剤には注意をしてください。ステロイド剤には炎症を抑える効果や免疫力を抑制する作用があるため、アトピー性皮膚炎などに対して塗り薬として処方されることが多いようです。

 

副腎皮質ホルモンと同様の働きがステロイド剤にはありますので、その他にも様々な幅広い疾患に対して治療薬として使用されています。ステロイド剤を使用している人が脱毛施術を受けた場合には、様々な副作用を引き起こす可能性があるのです。

 

ステロイド剤は感染症や色素沈着などの原因になります

ステロイド剤には免疫機能を抑制する働きがありますので、脱毛の施術により感染症が発生する可能性が高くなります。脱毛の施術を行うと肌に刺激を与えることになりますので、雑菌などが入り込んで炎症などの肌トラブルを引き起こすことになるのです。

 

またステロイド剤を塗った肌に光脱毛の光があたると、色素沈着や黒ずみなどの原因となりますので注意が必要です。さらにステロイド剤には毛が増えやすくなるという副作用がありますので、脱毛の施術を行っても十分な効果が得られない場合などがあるようです。

 

服用薬や塗り薬についてはカウンセリングの際に相談をするようにしましょう!

今回は飲み薬や塗り薬と脱毛の関係について確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、下記の通りとなります。

 

  • ミュゼプラチナムでは「当日、お薬を服用している」人は脱毛を行うことはできません
  • 飲み薬の中には脱毛の施術に重大な影響を与えるものがありますので注意が必要です
  • 塗り薬については特にステロイド剤に注意が必要になります

 

脱毛サロンではより脱毛の効果を高めるために、トラブルを起こす可能性のある問題を排除しています。ミュゼプラチナムでは規定により体調不良の人、肌が乾燥している人、妊娠中や授乳中の人などの脱毛の施術はできません。

 

それと、同様に当日薬を服用している人の場合にも脱毛の施術はできないことになっています。普段から服用薬や塗り薬などを使用している人が施術を希望する場合には、必ずカウンセリングの際に相談するようにしてください。