MENU

未成年者の場合には保護者の同伴または同意により条件付きで脱毛の施術を受けることができます!

人気の脱毛サロンミュゼプラチナムで、脱毛の施術を体験してみたいと考えている学生の人なども多いのではないでしょうか。ミュゼプラチナムは低料金が人気の脱毛サロンですから、学生の人でもお小遣い程度の費用で手軽に脱毛の施術を受けることができます。

 

ただし未成年者の場合には一般成人とは異なり、利用の際には保護者の同意や同伴などが必要になります。今回は未成年者がミュゼプラチナムの施術を受けるための方法などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

 

未成年者はミュゼプラチナムを利用することができるのでしょうか?

ミュゼプラチナムでは利用者の年齢について明確な制限などは設けていませんので、基本的には女性であれば誰でも脱毛の施術を受けることができます。ただし未成年者の申し込みについては、保護者の同伴や同意などが必要です。

 

ちなみに未成年者は20歳未満の人ですから、具体的には19歳以下の人が該当します。例えば大学生・専門学校生・高校生などが未成年者となるのですが、ミュゼプラチナムでは中学生や小学生であっても条件付きで脱毛の施術を受けることができます。

 

まずは無料カウンセリングを受けてください!

ミュゼプラチナムで脱毛の施術を受けたいという場合には、まずは無料のカウンセリングに申し込むことから始めてみてください。未成年者がミュゼプラチナムの契約に申し込むためには保護者の同伴が必要です

 

しかし、無料カウンセリングに関しては保護者の同伴は不要です。未成年者のみであっても、無料カウンセリングを問題なく受けることができます。

 

保護者同伴であればその場で契約を申し込むことができます

無料カウンセリングに保護者が同伴する場合には、カウンセリング後すぐにその場でミュゼプラチナムの契約に申し込むことができます。

 

この時には保護者に同意書に記入をしてもらい、さらに署名押印をして提出をすることが必要になります。捺印についてはシャチハタなどでもOKですから、忘れずに持参するように保護者にお願いをしてください。

 

保護者が同伴しない場合にはその後同意書を準備して申し込むことになります

保護者が同伴しない場合には、無料カウンセリングの際にその場で契約に申し込むことはできません。保護者が同伴しない場合にはまずは未成年者だけでカウンセリングを受けて、その後同意書の用紙を持ち帰って保護者に記入してもらうことになります。

 

保護者に署名押印をしてもらい同意書をミュゼプラチナムに提出するのですが、その後必ず電話による保護者に対する確認が行われますので、保護者には必ず電話に出てもらうようにしましょう。電話による確認がOKであれば、ミュゼプラチナムへの申し込みが正式に完了したことになります。

 

記入が必要な内容はとてもシンプルで簡単です

同意書に記入が必要な内容は、とてもシンプルで簡単です。記入が必要な項目は申込者本人(未成年者)の氏名と生年月日、さらに保護者の住所と氏名と連絡先になります。

 

同意書の内容に同意・承諾をして、親権者が押印をして日付を記入すれば同意書の作成は完了です。また同意書の用紙についてはインターネットでダウンロードすることもできますので、詳しくはミュゼプラチナムの公式ホームページで確認してみてください。

 

中学生や小学生でも脱毛ができるのでしょうか?

近年ではオシャレの低年齢化が進んでいますので、大学生や高校生などはもちろんなのですが、さらに脱毛の施術を受けたいと考える中学生小学生なども多いようです。

 

ミュゼプラチナムでは利用条件に年齢制限はありませんので、中学生や小学生でも脱毛を行うことが可能です。ただし実際に中学生や小学生が脱毛の施術を受けるためには、いくつかの条件を満たすことが必要になります。

 

生理が順調に来ていることが必要です

ミュゼプラチナムでは生理が順調に来ていること脱毛の施術を受けるための条件となりますので、中学生や小学生で生理がまだ来ていないのであれば脱毛の施術を受けることはできません。逆にすでに生理が来ているのであれば、年齢を問わず脱毛の施術が受けられるということになります。

 

キッズ専用プランなどは用意されていません

一部には中学生や小学生を対象とした「キッズ専用」のプランを提供する脱毛サロンなども存在するのですが、ミュゼプラチナムの場合にはキッズ専用プランなどは用意されていませんので、中学生小学生であっても大人と同じプランを利用することになります。

 

利用回数の制限があります

ミュゼプラチナムでは未成年者に対しては利用回数の制限があり、これは中学生や小学生などに対しても適用されます。成人の場合には人気の両ワキ+Vライン美容脱毛完了コースを回数無制限で利用することができるのですが、未成年者の場合には利用できるのは最大で6回までに限られるのです。未成年者はホルモンバランスが不安定であることなどが、利用回数制限の理由となっています。

 

ミュゼプラチナムに申し込む際には契約内容をしっかりと確認しましょう!

今回は未成年者がミュゼプラチナムの施術を受けるための方法などについて詳しく確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容についてまとめてみると、以下の通りとなります。

 

  • 未成年者がミュゼプラチナムに申し込むためには保護者の同伴が必要になります
  • 保護者が同伴できない場合には同意書の提出が必要になります
  • 大学生や高校生だけでなく中学生や小学生も条件付きで脱毛の施術を受けることができます

 

未成年者の場合にはホルモンバランスが不安定であるため、脱毛の施術を受けてもしばらくするとまたムダ毛が生えてしまうことが多いようです。確実な脱毛の効果を期待するのであれば、ホルモンバランスが安定してから脱毛の施術を受けることをおすすめします。

 

ただし中学生や高校生などは多感な時期になりますので、ムダ毛が原因でコンプレックスを感じることがあるかもしれません。そのような場合には保護者に相談をして、脱毛の施術を受けることを検討してみましょう。